1.初期設定が完了したら、同梱のUSBケーブルでKasseをコンピュータに接続します。

2.PINを入力してKasseのロックを解除し、Kasse Software Clientで管理します。

​3.Ethereumを選択します。

4.Ethereumの概要ページの右上部にあるERC20ボタンを押します。

5.ERC20トークンを追加するには、上部にある追加ボタンをクリックします。 

​6.一般的なERC20トークンを追加するには、 'Token List'ボタンを押します。 

7.一般的なERC20トークンのリストをスクロールして追加したいトークンを見つけ、それをクリックして選択します。 

8.[保存]を押してERC20トークンリストにこのトークンを追加します。

9.追加したいトークンを見つけられず、既にそのトークンをEthereumウォレットアドレスに転送している場合最初のERC20トークンポップアップ画面で「取引履歴」を選択できます。

​10.これにより、EtherCan.io上のKasseのEthereumウォレットのERC-20トークントランザクションが表示される、デフォルトブラウザのウィンドウが開きます。追加するトークンを選択します。この例では、Dai Stablecoinを使用しています。

11.名前(名前+ [記号])、住所、小数をコピーして、下記のように「Add ERC20 Token」画面でその詳細を入力します。次に、[保存]を押して続行します。

12.ここで、追加したERC20トークンが「ERCトークン」ウィンドウに表示されます。

選択を押して、このトークンの管理画面に入ります。 

13.ここでは、トークンの残高を確認し、トークンを送信することができます。 
すべてのERC-20トークンは、ERC20トークン取引のガス費用を支払うために財布にEthereum残高が必要であることに注意してください。

トークン取引の場合、標準のEthereum取引よりも多くの操作が必要な場合があるため、60000のガス制限を推奨します。速い取引(この例が作成された時点で9 GWEI)の現在のガス価格にガス価格が自動的に設定されますが 、現在の安全な低価格でETH Gas Stationをチェック  して手動で入力することができます。 

14Ethereumウォレットコントロールに戻り、ERC20トークンページの右上にある「Ethereum」ボタンを押してください。